公益財団法人産業構造調査研究支援機構

お知らせ

財団のご案内

公益財団法人 産業構造調査研究支援機構は、技術革新、情報化、サービス経済化の進展などの社会経済の変化がわが国産業構造に与える影響について調査研究し、その成果の普及を通じてわが国の産業構造の高度化に資することにより、国民経済の発展に寄与することを目的とします。

事業概要

  1. 経済社会の変化が産業構造に与える影響に関する調査研究に対する助成
  2. 産業構造に関する情報収集及び普及に対する助成
  3. 産業構造に関するセミナー等の開催
  4. その他、この法人の目的を達成するために必要な事業

事業計画

研究助成事業

募集要項

申請書ダウンロード

助成実績(令和3年度)

【研究課題】
農業分野における高付加価値化に向けた異分野間連携の促進に関する研究:欧州の取組みと我が国への示唆

研究代表者 川端 勇樹
所属・役職 中京大学経営学部 教授
助成金額 280万円
研究結果 事業報告書

【研究課題】
金融業、情報産業を中心としたサービス部門における一極集中化現象が成長および所得不平等に及ぼす影響に関する理論的、実証的研究

研究代表者 大住 康之
所属・役職 兵庫県立大学政策科学研究所 教授
助成金額 250万円
研究結果 事業報告書

【研究課題】
第四次産業革命下での日中産業高度化の動向- デジタル化・低炭素化・ハイテク分野におけるイノベーションの特徴及び日中協力に関する考察

研究代表者 郭 四志
所属・役職 帝京大学 経済学部 教授
助成金額 300万円
研究結果 事業報告書

これまでの助成実績

基本情報

公益財団法人 産業構造調査研究支援機構

地図

〒173-8605 東京都板橋区加賀2-11-1

役員構成

氏名
理事長 冲永 佳史
理事 猪俣 澈
理事 五味 康昌

財務情報

収支予算書(令和4年度)

決算概要(令和3年度)

ページの
先頭へ